【紫苑S】予想 過去6年の傾向とデータからオークス組の買い消し材料と当日馬体重には要注目の1戦

プロモーション

海外・連勝を期待!

凱旋門賞・無料予想

凱旋門賞の買い目公開中~

無料で見れるハイクオリティ予想!

海外で連勝なるか期待です♪

※公開中の買い目画像↓↓

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

前回はジャックルマロワ賞的中!

無料予想【ジャックルマロワ賞】

着順:9-7-5(1,8,5人気)

馬単×/三連複83.6倍

払戻:83,600円

※1点1,000円投資

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

直近では夕月特別で11万円弱獲得!

凱旋門賞も10万円超が出るか期待です(^_-)

→凱旋門賞・無料予想

三連複外しても馬単で回収~逆もまた然りなんです(*^^*)

過去6年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 ファインルージュ 2人気
2着 スルーセブンシーズ 4人気
3着 ミスフィガロ 12人気
2020年 1着 マルターズディオサ 5人気
2着 パラスアテナ 10人気
3着 シーズンズギフト 3人気
2019年 1着 パッシングスルー 2人気
2着 フェアリーポルカ 6人気
3着 カレンブーケドール 1人気
2018年 1着 ノームコア 2人気
2着 マウレア 1人気
3着 ランドネ 7人気
2017年 1着 ディアドラ 1人気
2着 カリビアンゴールド 6人気
3着 ポールヴァンドル 4人気
2016年 1着 ビッシュ 1人気
2着 ヴィブロス 3人気
3着 フロンテアクイーン 5人気

 

過去6年で上記18頭

秋に向けて重要なトライアルになります。

 

重賞考察

 

前走が条件戦だった馬は6頭と好走馬全体で見ると3分の1で決して見逃せないステップです。

6頭に共通するのは全馬3番人気以内、タイム差0.0以上、2019年の勝ち馬パッシングスルー以外は上がり3位以内でした。

パッシングスルーは前走4角先頭で2着には0.5秒差と大差をつけて勝ち上がり、当日も2番人気に支持されていました。

 

エコルフリューゲル 前走7番人気1.0秒差

カヨウネンカ 前走未勝利戦

サンカルパ 前走上がり7位着差0.2秒差

 

上記3頭は過去の傾向から走れば初になるので軽視予定

カヨウネンカはキャリア12戦で前走未勝利、サンカルパは2走前の中山で圧勝しており人気になりそうですが

これまでの傾向だと勝ち馬から前走着差のあった馬は馬券になっていませんのでデータを覆せるのか注目

 

 

前走G2~G3だった馬は3頭と比較的少なめのステップ

3頭中2頭が前走3着以内、唯一馬券外だったパラスアテナは前走1番人気に支持されていました。

 

エバーハンティング 前走G2 13番人気11着

 

今年は上記1頭が出走しますが、2桁人気+2桁着順のパターンは前走G1だった馬からしか好走馬が出ていません。

3頭と母数が少ないので絞り過ぎも良くありませんが流石に厳しいと思います。

 

 

前走G1だった馬は最多の9頭と基本的にはここから狙うのがベスト、全てオークスからの参戦です。

9頭中6頭が前走2桁人気or2桁着順と前走内容はほぼ関係のない要素になっています。

距離が2400mから2000mに短縮されること、東京から中山コースへ変更と条件が一変するので

このレースを5番人気以下で激走した馬の半数以上が前走オークスからとなっています。

 

 

前走オークスから好走した馬

 

ファインルージュ
スルーセブンシーズ
マルターズディオサ
フェアリーポルカ
カレンブーケドール
マウレア
ランドネ
ビッシュ
フロンテアクイーン

 

紫苑Sで前走オークスから好走した馬は上記9頭

実はこの中でも6頭が前走2桁人気or2桁着順だった馬

その6頭を調べてみると

 

ファインルージュ 11着

マルターズディオサ 12番人気10着

フェアリーポルカ 11番人気16着

カレンブーケドール 12番人気

ランドネ 10番人気11着

フロンティアクイーン 12番人気

 

上記全馬OP以上で3着以内がありました。

オークスで指示されないor惨敗も過去に強い相手にしっかりと結果を出しています。

 

サークルオブライフ

ニシノラブウインク

シーグラス

ライラック

スタニングローズ

 

今年の前走オークス2桁人気or2桁着順だった馬は上記5頭

この中でOP以上で好走歴のない

 

シーグラス

 

この馬はかなり厳しいかもしれません。

更に前走除外だったサウンドビバーチェですが、この馬もOP以上で好走歴がありません。

前走オークスかつ過去にOP以上好走の無かった馬はここまで優勝なし

こちらも軽視予定です。

 

前走オークスで過去の中山成績を調べてみると少し面白い共通点がありました。

 

1着ファインルージュ 中山勝ち
2着スルーセブンシーズ 中山勝ち
1着マルターズディオサ 中山勝ち
2着フェアリーポルカ 中山未出走
3着カレンブーケドール 中山勝ち
2着マウレア 中山未出走
3着ランドネ 中山未出走
1着ビッシュ 中山勝ち
3着フロンテアクイーン 中山勝ち

 

なんと前走オークスだった馬は中山出走経験あり=勝鞍あり

そもそも今回が中山初出走だったパターンの2択

特に紫苑S優勝馬に限っては全馬中山コースでの勝鞍ありの馬でした。

 

サークルオブライフ 勝鞍あり

ニシノラブウインク 出走あり勝鞍なし

シーグラス 未出走

ライラック 勝鞍あり

サウンドビバーチェ 勝鞍あり

スタニングローズ 勝鞍あり

 

今年は人気が予想されるニシノラブウインクが意外にも勝鞍なし

しかしフラワーC連対と重賞好走があるので優勝は厳しそうですが例外候補としての素材は十分

シーグラスの優勝も厳しそうです。

 

 

最後に2番人気確定だと思っている人気のサークルオブライフについて

様々なところで陣営トーンの低さが目立つ同馬ですが、個人的に一番心配しているのが馬体重

過去6年の全馬の前走比馬体重を調べると

 

プラス出走 5-4-5-49

増減なし 1-2-0-14

マイナス出走 0-0-1-22

 

前走から馬体を減らしている馬がとにかく凡走傾向なんです。

国枝さんのコメントではオークス時484キロ、今回はそれよりも減っていると思うとのこと

放牧先から帰ってきた際にかなり馬体が細く気迫も足りないとコメントしており状態面が心配です。

前走のオークスでは様々なアクシデントがありましたが個人的に一番の敗因は距離だと思っています。

マイルでしか勝鞍がない以上、やはりベストはワンターンのコースなのではないかとレース後に考えさせられました。

アルテミスS、阪神JFと◎を打ったように大好きな馬で応援したい気持ちもありますが、馬体重が減っているようだと中々難しいと思います。

人気なだけにマイルールでは人気馬は引き算、人気薄は足し算と考えているので今回はかなりの引き算だと思います。

ですがこれまで戦ってきた相手は相当強いですし、その中で結果も出してきてる馬で

人気ですし走って当然の考えもあるので非常に難しい1頭だと思います。

ブログのデメリットは前日予想が大半なため、パドックや返し馬、馬体重、当日のレース傾向など全く考慮できないので

もし可能なら直前まで馬体重を見極めて投票するのも1つの手段だと思います。

 

 

2022年 紫苑Sの推薦馬

 

▲ライラック

ここまでオークス組の過去好走馬をデータ調査してきた中で、

人気馬を除くと唯一の無傷がこのライラック1頭のみ優勝の可能性を秘めていたので推薦

ここ最近はかなり派手な出遅れが目立ちますがスタートさえ決まれば3走前に中山で

スターズオンアースを負かしたような良いレースができると思います。

G1を除けば関東圏の輸送がないレースはここまで2戦2勝

更に調教では走るフォームもかなり良化し陣営もゲートでれば勝負になるとかなり強気

紫苑Sは過去6年全て5番人気以下の穴馬が激走しており、今年はこの馬が配当妙味含め面白いかなと思います。

 

 

○サンカルパ

前走条件戦データで早々に脱落した同馬ですが、

どうしても前走オークス以外から1頭拾いたくデータ度外視で推薦したいと思います。

ここまでの紫苑Sはオークスを経由した実力馬が出走の大半を占めていましたが未だにワン・ツー・スリーはありません。

別路線から挑むこの馬にとってはかなりのチャンスと見ています。

とにかく2走前の中山1800mで叩き出した1.46.6という圧勝は当然評価

少し前に開催された中山記念とほとんどタイムも変わらず1勝クラスとしては破格だと思います。

問題はトーンの低い陣営、調子があまり上がってこないのかずいぶんと弱気ですが

前に行ける脚質、そして今年もオークス組での完全決着はないと見ていますので好走を期待したいと思います。

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 15位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

前走オークス組で同ステップから優勝した馬の共通点は上で説明した通り満点クリア

紫苑Sの優勝馬6頭を調べて行くとG2以下で掲示板を外した経験のある馬は1頭も見当たらず

一番最低着順だったのが2016年ビッシュのローズS5着、それ以外はG1以外でほぼ崩れていない馬が優勝傾向で

今年はこの馬とサークルオブライフの2択かなと思っています。

先に説明した通りサークルオブライフは馬体重の面で勝ち切るのが難しいと判断しこちらを上に取りました。

関東圏のレースですが、好走率の割合だと意外にも関西馬が優勢でその点も後押し

ここまでキャリア8戦全てテン乗りという非常に珍しい馬ですが、過去に騎乗経験のある騎手に戻るので

しっかり結果を出して継続騎乗して本番へ向かってほしいと思います。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります