【エプソムC】予想 過去10年で前走条件戦出走馬は要注意の1戦、注目は距離短縮馬で今年は非常に少ない

プロモーション

≪全重賞全的中!!!≫

やはり頼りになる買い目
後半戦無料公開こんなにはまるなんて!!
────────────────────

阪神11R京都2歳S(GⅢ)
ワイド4-2.6.7.10.14 1,360円
馬連 4-6.7.10.14  4,750円

東京12RジャパンC(GⅠ)
ワイド15-6.8.14.17.18 380円

馬連 15-6.8.14.18  940円

阪神12R京阪杯(GⅢ)

ワイド14-4.6.10.11.12 1,500円740円
馬連 14-4.6.10.11 4,090円

────────────────────
1120霜月S   ワイド420円馬連900円
1120マイルCS  ワイド1170円馬連0円
1112武蔵野S  ワイド300円馬連610円

1105河北新報杯
ワイド900円310円馬連2550円
などなどメインレースの精度が毎度いい感じ!

週末前夜に買い目出てきます!
ステイヤーズステークス

チャレンジカップ
飛騨ステークス

ラピスラズリステークス

ギャラクシーステークス

チャンピオンズカップ

3連単は無理そーーーなメインレースばかり笑笑
ワイド5点馬連4点でうまく回収してるここ見るのはありです!

→精度高無料予想はコチラ
メール登録しておき前夜Hitmakeというコンテンツをクリックです!

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 ザダル 3人気
2着 サトノフラッグ 6人気
3着 ファルコニア 2人気
2020年 1着 ダイワキャグニー 9人気
2着 ソーグリッタリング 5人気
3着 トーラスジェミニ 18人気
2019年 1着 レイエンダ 5人気
2着 サラキア 7人気
3着 ソーグリッタリング 1人気
2018年 1着 サトノアーサー 2人気
2着 ハクサンルドルフ 4人気
3着 グリュイエール 5人気
2017年 1着 ダッシングブレイズ 5人気
2着 アストラエンブレム 1人気
3着 マイネルハニー 6人気
2016年 1着 ルージュバック 1人気
2着 フルーキー 3人気
3着 マイネルミラノ 6人気
2015年 1着 エイシンヒカリ 2人気
2着 サトノアラジン 1人気
3着 ディサイファ 4人気
2014年 1着 ディサイファ 2人気
2着 マイネルラクリマ 4人気
3着 ダークシャドウ 8人気
2013年 1着 クラレント 4人気
2着 ジャスタウェイ 3人気
3着 サンレイレーザー 7人気
2012年 1着 トーセンレーヴ 1人気
2着 ダノンシャーク 2人気
3着 マイネルスターリー 15人気

 

過去10年で上記30頭

今週の天気が心配でしたが、降っても小雨程度で今の東京の馬場なら良馬場で問題なさそうです。

過去10年中9年で14頭以上、半数以上がフルゲート18頭で開催されていますが今年は最小の12頭

点数は絞って行きたいところです。

 

重賞考察

 

前走条件戦から好走した馬は2頭、2018年3着のグリュイエール、2021年3着のファルコニア

どちらも当日5番人気以内と出走頭数から比較するとかなり人気でした。

この2頭はどちらも3番人気以内で前走勝っています。

前走OPクラスからは比較的好走馬が出ており、これまで6頭います。

この6頭は全て前走3番人気以内でした。さらに前走1番人気だったレイエンダ以外は3着以内に好走していました。

上記から今年の出走メンバーを見てみると

 

ヤマニンサンパ 前走3勝クラス1番人気1着

ノースリッジ 前走3勝クラス3番人気1着

ガロアクリーク 前走OP4番人気6着

ハッピーアワー 前走OP13番人気10着

ジャスティンカフェ 前走3勝クラス2番人気1着

 

青く塗ったガロアクリークとハッピーアワーはかなり厳しく見えます。

ヤマニンサンパ、ノースリッジ、ジャスティンカフェは当日人気を集めるでしょうが

この10年で前走条件クラスからは最高3着というのが気がかりです。

更に同年に2頭以上の好走馬が出ていませんので、このグループから◎を決めるのは結構なリスクかもしれません。

 

やはり中心は前走重賞組で全体で22頭

おおまかに好走馬を分類すると、前走3番人気以内か0.5秒差以内か掲示板、どれか1つに当てはまる馬が多く

これに該当しないで好走した馬は7頭

 

ダークシャドウ

マイネルラクリマ

マイネルミラノ

マイネルハニー

トーラスジェミニ

ダイワキャグニー

ザダル

 

マイネルミラノとトーラスジェミニを除く5頭に東京OP以上連対か重賞好走歴あり

例外だった上記2頭は最高3着まででした。

 

シャドウディーヴァ 東京重賞勝ち

タイムトゥヘヴン 前走好走

コルテジア なし

ダーリントンホール 前走好走

トーセングラン なし

トーラスジェミニ 2年前の好走馬

ザダル 東京重賞勝ち

 

2020年3着のトーラスジェミニですが、それを好走するまで東京実績がなく

2年前の好走後も実績がないので条件的には変わらず「なし」に限りなく近いと思います。

 

後は気になるのがエプソムCが1800mで行われるのに対して距離延長馬が不振な点ですかね、

過去に距離延長でこのレースを制した馬は4頭います。

 

2017年 ダッシングブレイズ 京王杯SC

2016年 ルージュバック ヴィクトリアM

2013年 クラレント マイラーズC

2012年 トーセンレーヴ マイラーズC

 

上記4頭は4歳~5歳馬で、東京コースを2勝以上か

1勝+東京G1連対馬でコース実績が目立っていました。

今年は出走12頭の内7頭が前走から距離延長馬なので要注意

延長馬が同年で2頭以上馬券になった年は8年以上前の2013年まで遡らないとありません。

期待値は圧倒的に距離短縮馬にあります。

基本的には短縮馬の方が好走確率も高く、前走マイル以下出走馬を見てみると

 

ジャスティンカフェ 東京2戦1勝(複勝率は100%)

ハッピーアワー 東京3戦全て馬券外

トーラスジェミニ 東京11戦1勝

シャドウディーヴァ 東京14戦2勝(好走率64%)

タイムトゥヘヴン 東京6戦0連対

ダーリントンホール 東京3戦1勝

ザダル 東京5戦2勝

 

今年距離延長から優勝の資格がありそうなのはシャドウディーヴァ、ザダルの2頭のみ

かなり甘く見てジャスティンカフェも候補としてはギリギリかなと思います。

 

ここまで全ての馬にチェックを入れていくと、今年12頭全てに何らかのNG要素があり頭数は少ないですが意外と難解です。

私の経験上このパターンはほぼなんでも有り、例外馬が多数出てきそうな予感がします。

正直ここまで全馬触れて来ましたが、推せる馬は1頭もいません。

レースを見逃して良いのであれば1頭も推薦したくないので推薦馬なしで通したいですが、そういう訳にもいかないので一応印を付けて行きます。

 

エプソムCの推薦馬

 

▲シャドウディーヴァ

説明不要の東京1800m専用機、ここまで一級戦の相手と戦ってきており一気にメンバー弱体化

更に大得意の舞台で良馬場となれば人気不問で買い要素が揃っている。

データ面からもマイナス要素は前走から距離延長馬だということくらい。

牝馬は4歳しか好走していないが、そもそも母数が少なすぎるので過去に6歳牝馬が好走したことがないので単純に消しとはならない。

東京コースは2-5-2-5で、この馬の凡走は9割東京コース以外というコース巧者

陣営のコメントから状態面は最高レベルで安定しており、自信のデキ

それでいて予想オッズ12頭中5番手は正直驚いた。

得意コース、得意距離、メンツ弱体化、仕上げ最高レベル、これで飛んだら言い訳が効かないので好走を期待

 

 

○ノースブリッジ

今年は距離延長馬がほとんどを占める中で、距離短縮の絶好ローテ

近3走内に東京芝コースを2勝しているのも買い材料

雨が降った方がよく見えるタイプだが、これまでの走破時計やレース展開をみている限り良馬場の方がむしろ向いているのではないかと思うほど。

脚質的にも少頭数で前の出入りは激しくなさそう、枠も偶数の良い位置をとったのでレースはノンストレス

トーラスジェミニがすでに何が何でも逃げ宣言をしていることから番手から粘り込むレース展開が予想される。

人気馬は後方脚質で展開頼みが多い中で、自分から動ける位置は大歓迎

データ的には前走OP以下だった馬はこれまで8頭好走馬がおり、7頭が前走と同斤量か斤量減

唯一の例外馬ソーグリッタリングは前年のエプソムC好走馬だったことを考えると55キロ→56キロは不安要素

それでも12頭中6番人気ならリスクよりも妙味十分、展開有利を生かして立ち回りたい。

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 20位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

前走内容が非常に良く、良馬場3-3-1-0で馬場が荒れていなければ大きく崩れることはなさそう。

好走したレースのほとんどが33秒台の上がり勝負での瞬発力戦、今回のスローペースは望むところ。

新馬戦では不良馬場の中で36秒近いレース上がりをまとめて差し切っているので駄目ではないが良馬場に越したことはなさそう。

データ面から前走このパターンで優勝したケースがここ10年で無いが、今回は10年で比較しても最も頭数が少なく

最も距離延長馬の比率が高い1年なので正直何が起きても不思議ではない。

個人的な推薦ポイントは上位人気が関東馬に固まるなか、この馬は関西馬というところ。

過去10年の全体の成績は関東馬5-3-5-71、関西馬5-7-5-62とシンプルに関西馬が優勢

その関西馬は当日1~7番人気なら5-7-4-22と好走馬のほとんどがこのパターン

今年人気しそうな関西馬はこの馬のみで人気でも中心視したい1頭

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります