【京成杯AH】予想 過去10年データから優勝馬の共通点は近走内容に注目!中山コース実績は必須!

プロモーション

海外・連勝を期待!

凱旋門賞・無料予想

凱旋門賞の買い目公開中~

無料で見れるハイクオリティ予想!

海外で連勝なるか期待です♪

※公開中の買い目画像↓↓

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

前回はジャックルマロワ賞的中!

無料予想【ジャックルマロワ賞】

着順:9-7-5(1,8,5人気)

馬単×/三連複83.6倍

払戻:83,600円

※1点1,000円投資

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

直近では夕月特別で11万円弱獲得!

凱旋門賞も10万円超が出るか期待です(^_-)

→凱旋門賞・無料予想

三連複外しても馬単で回収~逆もまた然りなんです(*^^*)

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 カテドラル 7人気
2着 コントラチェック 12人気
3着 グレナディアガーズ 1人気
2020年 1着 トロワゼトワル 4人気
2着 スマイルカナ 3人気
3着 ボンセルヴィーソ 13人気
2019年 1着 トロワゼトワル 4人気
2着 ディメンシオン 5人気
3着 ジャンダルム 10人気
2018年 1着 ミッキーグローリー 1人気
2着 ワントゥワン 3人気
3着 ロジクライ 2人気
2017年 1着 グランシルク 1人気
2着 ガリバルディ 11人気
3着 ダノンリバティ 6人気
2016年 1着 ロードクエスト 1人気
2着 カフェブリリアント 6人気
3着 ダノンプラチナ 2人気
2015年 1着 フラアンジェリコ 13人気
2着 エキストラエンド 11人気
3着 ヤングマンパワー 7人気
2014年 1着 クラレント 2人気
2着 ブレイズアトレイル 8人気
3着 ミトラ 9人気
2013年 1着 エクセラントカーヴ 3人気
2着 ダノンシャーク 2人気
3着 ゴットフリート 7人気
2012年 1着 レオアクティブ 2人気
2着 スマイルジャック 6人気
3着 スピリタス 4人気

 

過去10年で上記30頭

2014年だけは新潟開催、左回りに長い直線と中山コースとは正反対での開催だっただけにこの年は別で考えても良いかもしれません。

ちなみに好走馬は全て前走関屋記念から直行した馬がワン・ツー・スリーを決めています。

 

重賞考察

 

前走条件戦から好走した馬は3頭と少なめ

全馬が前走2番人気以内かつ上がり3位以内で前走勝ち上がりの馬でした。

今年は出走馬全てが前走OP以上ですので該当馬はいません。

 

前走OPから好走した馬は3頭で2年前に2着、3着と最近は好走馬が出てきています。

全馬が前走3番人気以内で2走内にOP以上で好走がありました。

 

コムストックロード 1番人気 2走内なし

インテンスライト 6番人気 2走内なし

ルークズネスト 6番人気 2走内なし

ルフトシュトローム 13番人気 2走内なし

ミッキーブリランテ 15番人気 2走内なし

 

今年前走OPから上記5頭が出走しますが、

直近2走内で好走があった馬はいません。

しかし母数も少ないステップなので例外が出てきそうな予感はしています。

もし甘く判定するならコムストックロードの前走人気はクリア、前走着差0.3と2走前も0.2秒差と好走に近いところまで走っています。

 

 

前走G2~G3だった好走馬は19頭と最多ステップ

ハンデ戦にしては珍しく、このグループでは前走1秒以上敗退からの巻き返しが非常に少ないレース

唯一の好走馬は2014年3着のミトラが最高着順で連対馬はいまだになし。

このミトラは2走前にOPクラスを上がり3位で着差をつけて勝ち上がっていました。

 

タガノディアマンテ 前走2.3秒負け

 

今年は1頭だけですが前走大敗馬で直近の勝鞍もないので厳しそうです。

 

 

前走G1だった馬の好走は5頭いますが偏りなく基本的には制限なし

ちなみに前走G1から優勝したのは2016年のロードクエスト

この馬は2走前のNHKマイルで連対しており当日1番人気での優勝でした。

 

 

ハンデ戦なので前走からの斤量を比較すると

3歳馬の前走最低斤量は牝馬だったスマイルカナの50キロ

古馬に限っては全馬が前走54キロ以上で出走しており極端な軽斤量馬はここまで全滅

 

シャーレイポピー 4歳 前走52キロ

レインボーフラッグ 9歳 前走52キロ

 

上記どちらか走れば古馬としては過去最低を更新しますので軽視予定

 

 

優勝馬の共通点

 

馬名 人気
2021年 1着 カテドラル 7人気
2020年 1着 トロワゼトワル 4人気
2019年 1着 トロワゼトワル 4人気
2018年 1着 ミッキーグローリー 1人気
2017年 1着 グランシルク 1人気
2016年 1着 ロードクエスト 1人気
2015年 1着 フラアンジェリコ 13人気
2014年 1着 クラレント 2人気
2013年 1着 エクセラントカーヴ 3人気
2012年 1着 レオアクティブ 2人気

 

2017年のフラアンジェリコだけがかなり特殊ですがこれまでの10年で優勝した馬の共通点を探していきたいと思います。

 

 

馬名 前走 人気
カテドラル 中京記念HG3 6人気 2着
トロワゼトワル 関屋記念G3 8人気 2着
トロワゼトワル 豊明S・3勝 1人気 1着
ミッキーグローリー 阿武隈H1600 1人気 1着
グランシルク 中京記念HG3 2人気 2着
ロードクエスト 東京優駿G1 9人気 11着
フラアンジェリコ 七夕賞HG3 7人気 11着
クラレント 関屋記念G3 4人気 1着
エクセラントカーヴ 新潟日H1600 2人気 1着
レオアクティブ 朱鷺S 2人気 1着

 

まずは前走ですがハンデ戦とは思えないほど前走が綺麗です。

ロードクエストは先に説明したように2走前NHKマイル2着の実績

フラアンジェリコを除く9頭には2走以内で勝鞍があるか重賞連対の実績がありました。

 

 

馬名 中山芝
2021年 1着 カテドラル
2020年 1着 トロワゼトワル
2019年 1着 トロワゼトワル
2018年 1着 ミッキーグローリー
2017年 1着 グランシルク
2016年 1着 ロードクエスト
2015年 1着 フラアンジェリコ
2014年 1着 クラレント
2013年 1着 エクセラントカーヴ
2012年 1着 レオアクティブ

 

勝ち馬は初勝利を中山芝コースで挙げているか、条件戦以上で連対経験がありました。

2014年クラレントは中山実績がありませんでしたが、新潟開催での優勝

そのクラレントは前走関屋記念の勝ち馬とコース適性は完璧でした。

 

 

今年の出走馬を見ていきましょう。

まずは中山芝コースでの実績がある馬をピックアップ

 

インテンスライト 3勝クラス1着

クリノプレミアム 中山牝馬S1着

タガノディアマンテ ステイヤーズS2着

ミスニューヨーク ターコイズS1着

ミッキーブリランテ OP1着

ルフトシュトローム ニュージーランドT1着

 

意外にも少なく6頭のみ

 

ここから直近の成績を見てみると

 

インテンスライト 2走内好走なし

クリノプレミアム 福島牝馬S2着

タガノディアマンテ 2走内好走なし

ミスニューヨーク 2走内好走なし

ミッキーブリランテ 2走内好走なし

ルフトシュトローム 2走内好走なし

 

今年は直近の成績が振るわない馬が多く、

近走の内容が良い馬には中山実績がないという非常に難しい形になりました。

流石に過去10年の流れから絶対そうなるとは言えませんが、

 

 

クリノプレミアム

 

 

唯一の満点クリアで熱いと思います。

もし例外が発生するとしたら、近走の内容からミスニューヨーク、インテンスライトが着差で見ると差があまりないのでこの2頭も要注意です。

 

 

2022年 京成杯AHの推薦馬

 

▲インテンスライト

中山芝は3-1-1-4で、マイルに限ると3-2-1-2と大得意の舞台

馬券外に飛んだ2回は3勝クラスで惜しくも4着、

もうひとつは2走前のダービー卿CTで0.4秒差の6着とほぼ安定した走り

3走前、4走前は同舞台で57キロを背負って好走しており今回は54キロとハンデも手頃

枠もかなり良いところを引いたので芝の良い部分をロスなく周回できそう

あとは菊沢騎手の捌き方次第ではあるものの

人気上位が中山コース実績が無い中で、ベストな距離、ベストなコースで激走を期待したいです。

 

 

○ミスニューヨーク

中山芝はここまで5戦3勝、掲示板を外したことがなくベストコース

斤量も前走0.3秒差から据え置きと十分戦える範囲

東京コースでの戦績が振るわないが、右回りだけで判別するなら近走はかなり安定して好走している

ベストは1800mかもしれないが4走前のターコイズSは上がり最速で1.32.8と好タイムで差し切り勝ち

稍重以下の戦績が良いので雨がほしいところだが良馬場でも許容範囲

体調面でも心配している部分がなく中間も元気一杯とのことで

継続騎乗のデムーロ騎手の判断にも期待したい。

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 15位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

コース実績をみると最多の2勝を挙げているのがこの中山コース

マイル戦に戻ってどうかだが、陣営はむしろマイルがベストと断言

折り合いひとつで突き抜けるだけの脚は持っているので期待したいと思います。

過去の勝ち馬傾向を見ると、シンプルに中山コース実績+2走内好走歴

今年は人気馬に中山実績がない馬が多く、中山実績のある馬は近走の内容がNGとぴったりハマる馬が少ない

その中で条件クリアは非常に強いデータだと思いますし、個人的に外枠はかなり良い材料だと思っています。

馬券は難しいので各馬の単勝を握りしめて応援したいと思います。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります