【キーンランドC】予想 過去10年傾向から最重要データは同年に○○があった馬!好走馬30頭中半数以上がこのパターン

プロモーション

安田記念:無料予想

4月から重賞でよく勝ちます。

先週は日本ダービーで高回収率!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想:重賞的中

・日本ダービー

三連複47倍×400円

[払戻]18,800円[回収率]392%

・平安ステークス

ワイド2.2倍×5,000円

[払戻]11,000円[回収率]220%

・ヴィクトリアマイル

三連複17.2倍×500円

[払戻]8,600円[回収率]172%

・フローラS

三連複77.6倍×300円

[払戻]23,280円[回収率]431%

・大阪杯

三連複89.8倍×300円

[払戻]26,940円[回収率]499%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

1番人気がなかなか勝ちにくい安田記念…

ここの無料予想・三連複が相手馬を上手く選んで勝利に導きます!

→安田記念:無料予想

人気薄馬が絡みやすいオークスは…ここの無料予想が高回収率出しそうな予感がします!

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 レイハリア 3人気
2着 エイティーンガール 7人気
3着 セイウンコウセイ 9人気
2020年 1着 エイティーンガール 5人気
2着 ライトオンキュー 2人気
3着 ディメンシオン 9人気
2019年 1着 ダノンスマッシュ 1人気
2着 タワーオブロンドン 2人気
3着 リナーテ 3人気
2018年 1着 ナックビーナス 1人気
2着 ダノンスマッシュ 4人気
3着 ペイシャフェリシタ 9人気
2017年 1着 エポワス 12人気
2着 ソルヴェイグ 2人気
3着 ナックビーナス 5人気
2016年 1着 ブランボヌール 2人気
2着 シュウジ 1人気
3着 レッツゴードンキ 3人気
2015年 1着 ウキヨノカゼ 8人気
2着 トーホウアマポーラ 9人気
3着 ティーハーフ 1人気
2014年 1着 ローブティサージュ 3人気
2着 レッドオーヴァル 1人気
3着 マジンプロスパー 5人気
2013年 1着 フォーエバーマーク 4人気
2着 ストレイトガール 1人気
3着 シュプリームギフト 6人気
2012年 1着 パドトロワ 3人気
2着 ダッシャーゴーゴー 1人気
3着 テイエムオオタカ 4人気

 

過去10年上記30頭

2013年は函館開催になります。

ローカル重賞、開催も進んで波乱決着も多いレースですので穴馬考察頑張ります。

 

 

重賞考察

 

前走条件戦を使用し好走した馬は4頭と厳しい道のりです。

4頭全てが函館or札幌で前走勝ち上がっており、初角~4角3番手以内の先行馬か

上がり最速で差し切っていた馬しか馬券になっていません。

今年前走条件戦から参戦する馬はいませんので来年以降で覚えておきたいデータです。

 

前走OPクラスから好走した馬は過去10年で8頭、特に直近3年の好走馬9頭のうち5頭が前走OPと見逃せないステップ

8頭の前走をみると3番人気以内or前走1着、更に全馬が前走から斤量据え置きor斤量減でした。

 

ヴァトレニ 3番人気1着

サヴォワールエメ 斤量53→54

ジュビリーヘッド 1番人気2着

ロードマックス 斤量56→57

オパールシャルム 前走3番人気1着

マイネルジェロディ 斤量55→56

 

斤量増加の3頭は走れば過去10年では初の快挙となります。

赤く塗った3頭は好走のチャンスあり。

 

 

前走G2~G3だった馬は14頭と最多の好走数です。

13頭が前走3番人気以内か着差0.5秒以内、唯一例外となった昨年のセイウンコウセイは1200mG1優勝馬

 

ビリーバー 7番人気1着

ジェネラーレウーノ 13番人気4.7秒敗退

ウインマーベル 1番人気1着

シゲルピンクルビー 4番人気0.6秒敗退

マウンテンムスメ 6番人気0.7秒敗退

ヴェントヴォーチェ 1番人気0.8秒敗退

メイショウミモザ 5番人気0.8秒敗退

レイハリア 8番人気0.5秒敗退

 

赤く塗った3頭は問題なさそうで、前走1番人気だったヴェントヴォーチェはまだ救えそうですが

過去に前走G2~G3だった馬で連対した馬の前走を見ると全馬が0.5秒差以内の馬

3着の紐程度なら可能性はありそうです。

 

 

前走G1から好走した馬は4頭ですが出走馬も毎年少ないのでこちらも注目ステップ

特に前走人気などの偏りは見られませんが、好走した4頭全てが前走から1キロ以上の斤量減で好走しています。

 

エイティーンガール 斤量55→55

トウシンマカオ 斤量57→53

 

今年は前走G1だった馬が2頭しかいませんが、エイティーンガールが走れば初

選ぶならトウシンマカオを推薦したいです。

 

 

圧倒的牝馬優勢

 

過去10年性別データ

 

牡/セン 3-5-4-77
牝馬 7-5-6-46

 

好走率、占有率共に牡馬を圧倒している牝馬

現在9年連続で好走馬が出てきています。

 

今年は出走16頭に対して半数の8頭が牝馬

例年よりも多く、ここから好走馬が出てくるのは高確率だと思います。

 

 

レイハリア
エイティーンガール(21年)
エイティーンガール(20年)
ディメンシオン
リナーテ
ナックビーナス
ペイシャフェリシタ
ソルヴェイグ
ナックビーナス
ブランボヌール
レッツゴードンキ
ウキヨノカゼ
トーホウアマポーラ
ローブティサージュ
レッドオーヴァル
フォーエバーマーク
ストレイトガール
シュプリームギフト

 

過去10年の好走馬18頭の共通点を探ると

 

A 3歳~6歳

B 当日1桁人気

C 10週以上の休み明けはG1or重賞好走orOP優勝

D 前走3番人気以内or0.5秒差以内(例外2頭、前年優勝馬or前走G1出走馬)

 

上記4項目は18頭全てクリア

 

今年出走の牝馬8頭に当てはめて見ましょう。

 

 

サヴォワールエメ ACD

シゲルピンクルビー AB

マウンテンムスメ AC

メイショウミモザ ABC

エイティーンガール ABCD

ビリーバー CD

オパールシャルム ABCD

レイハリア AB

 

 

完全クリアは2頭

 

エイティーンガール

オパールシャルム

 

牝馬の上記2頭は強く推薦したいです。

 

 

芝重賞実績の重要性

 

過去10年の好走馬で同年の芝重賞で3着以内の実績があった馬

 

馬名 重賞
2021年 1着 レイハリア
2着 エイティーンガール
3着 セイウンコウセイ
2020年 1着 エイティーンガール
2着 ライトオンキュー
3着 ディメンシオン
2019年 1着 ダノンスマッシュ
2着 タワーオブロンドン
3着 リナーテ
2018年 1着 ナックビーナス
2着 ダノンスマッシュ
3着 ペイシャフェリシタ
2017年 1着 エポワス
2着 ソルヴェイグ
3着 ナックビーナス
2016年 1着 ブランボヌール
2着 シュウジ
3着 レッツゴードンキ
2015年 1着 ウキヨノカゼ
2着 トーホウアマポーラ
3着 ティーハーフ
2014年 1着 ローブティサージュ
2着 レッドオーヴァル
3着 マジンプロスパー
2013年 1着 フォーエバーマーク
2着 ストレイトガール
3着 シュプリームギフト
2012年 1着 パドトロワ
2着 ダッシャーゴーゴー
3着 テイエムオオタカ

 

好走馬30頭中18頭

これシンプルに凄くないですか?

意外にも毎年該当馬が少なく、絶好の狙い目になります。

 

今年これに該当する馬は

 

ウインマーベル 葵S

ジュビリーヘッド 函館SS

ビリーバー アイビスSD

メイショウミモザ 阪神牝馬S

 

上記4頭

 

この中から好走馬が出る可能性大

特に現在5連勝、過去10年ベースでも全ての年で好走馬が出ているパターンなので見逃せません。

 

 

2022年 キーンランドCの推薦馬

 

▲ウインマーベル

前走から3ヶ月の休み明けも過去の同パターン好走馬と類似

芝1200mは全体で3-1-3-0の大得意舞台

札幌、函館で0-0-3-1と勝ちきれていないのが気になるものの近2走は

着差のつきにくい短距離ながら0.3秒差1着、0.4秒差1着と3歳馬らしく完全に充実期

更に前走から-3キロ減の斤量も味方すればこのメンバーでも十分足りる

データ面からも同年重賞好走馬はかなり熱く人気でも推薦したい1頭

 

 

○ジュビリーヘッド

現在6連続馬券内とド安定の好走っぷり、前走は完全内有利の流れをヴァトレニが押し切り

しかし今回は馬場が全く違うので簡単に逆転可能だと思います。

2走前は重賞馬がズラリの函館SS、50キロのナムラクレアに押し切られましたがこちらは56キロ

いつも勝ち馬に上手くやられてしまいましたが本当に毎回見せ場十分の内容

右回りの1200m戦は4-5-1-0、更に札幌、函館の成績は合わせて1-3-0-0とパーフェクト

これだけでも十分な追い風ですが、上記の同年重賞好走データも更に後押し

むしろ買わない理由がないほどなので推薦したいと思います。

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 25位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

前走の敗因は陣営が馬場と展開が全く合わなかったとコメントしており、

向かない中でもあれだけの濃いメンバーで勝ち馬から0.3秒差は立派、今回は巻き返し十分

このレースは既に相当な適正を示しており、土曜日の札幌芝を見ても最初の1鞍以外は全て7~8枠が馬券内

同馬も包まれる内枠よりも6~8枠で3-2-1-1と本領発揮、更に外差しが効いており展開も完璧にハマると思います。

開催時期もあってか過去30頭の好走馬で半数以上が初角5番手以下の中団~後方の馬が占めており

今回も前に行く馬が揃った印象で実績含め非の打ち所がないくらいこのレースに合っていると思います。

更にこのレースでは関西馬5-9-6-68、関東馬5-2-4-52と占有率でも好走率でも関西馬が圧倒しており

ここまでの土曜芝状態、枠順、展開、脚質、性別データ等考えてこの人気は間違いなく買い一択だと感じ本命にしました。