【レパードS】予想 過去10年のレース傾向から前走圧勝馬に要注意!今年絶対買いたい1頭はコレ!

プロモーション

東京新聞杯・無料予想

土曜は2鞍的中で計8万円獲得!

重賞無料買い目来たら高配当あります(^_-)

━━━━━━━━━━━━━━

-2月4日:無料予想-

◎別府特別→40,000円 獲得

三連複40.0倍 三連単→×

◎中京4R→40,000円 獲得

複勝2倍

——————–

重賞で高配当あり

-重賞買い目無料予想-

◎ターコイズS→355,950円 獲得

三連複→×  三連単711.9倍

◎チャレンジC→114,400円 獲得

三連複43.5倍 三連単141.7倍

━━━━━━━━━━━━━━

日曜は無料予想てんこ盛り!

◎東京新聞杯◎

中京8R+4R

中京で軍資金稼ぎしつつ東京新聞杯にベタ乗りしてください。

→東京新聞杯・無料予想

馬連・複勝や三連複・三連単の券種組み合わせなど選ぶレース含めて上手く勝ちを拾う無料予想です!

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 メイショウムラクモ 1人気
2着 スウィープザボード 10人気
3着 レプンカムイ 6人気
2020年 1着 ケンシンコウ 7人気
2着 ミヤジコクオウ 2人気
3着 ブランクチェック 5人気
2019年 1着 ハヤヤッコ 10人気
2着 デルマルーヴル 1人気
3着 トイガー 11人気
2018年 1着 グリム 5人気
2着 ヒラボクラターシュ 10人気
3着 ビッグスモーキー 9人気
2017年 1着 ローズプリンスダム 11人気
2着 サルサディオーネ 12人気
3着 エピカリス 1人気
2016年 1着 グレンツェント 2人気
2着 ケイティブレイブ 1人気
3着 レガーロ 6人気
2015年 1着 クロスクリーガー 1人気
2着 ダノンリバティ 3人気
3着 タマノブリュネット 11人気
2014年 1着 アジアエクスプレス 1人気
2着 クライスマイル 7人気
3着 ランウェイワルツ 9人気
2013年 1着 インカンテーション 1人気
2着 サトノプリンシパル 4人気
3着 ケイアイレオーネ 2人気
2012年 1着 ホッコータルマエ 2人気
2着 ナムラビクター 3人気
3着 イジゲン 1人気

 

上記30頭が過去10年の好走馬

直近5年の好走馬15頭中9頭が5番人気以下、2桁人気は6頭と大荒れ傾向です。

今年も穴馬の発掘に力を入れていきたいと思います。

 

重賞考察

 

前走条件戦から好走した馬は12頭

全馬が前走5番人気以内かつ5着以内で10年前の3着イジゲン以外は前走4角3番手以内でした。

そのイジゲンは前走2勝クラスを上がり3位で差し切り勝ちを収めています。

また、2018年のヒラボクラターシュとビッグスモーキーを除けば前走3番人気以内かつ連対がほとんど

この2頭はこの時点で2勝を挙げておりました。

 

バレルゾーン 前走8番人気1着

 

今年は前走条件戦から10頭が参戦しますが、全馬が前走連対馬とかなりのハイレベルです。

データ的には人気以外全ての馬がクリア、バレルゾーンの前走8番人気くらいしか削れる部分がありませんでした。

 

前走OPクラスからは3頭と以外にも直結しないレース

芝から初ダートで挑んだダノンリバティ

地方で圧勝して参戦のタマノブリュネット

2~4走前まで上がり2位以内で連続連対し前走OP敗退から巻き返したハヤヤッコ

母数が少なく絞りきれません。

 

ギャラクシーナイト 前走プリンシパルS14着

 

今年は1頭のみ参戦ですが、前走芝からはダノンリバティ、2走前3走前好走はハヤヤッコに類似します。

ダノンリバティはG3で連対実績、ハヤヤッコの連続連対は条件クラスでのもの

それらと比較すると前走大敗かつ重賞実績なし、未勝利戦を経由している辺りは買いの材料がかなり少なく軽視予定です。

 

前走重賞から好走した馬は15頭

前走大敗馬や2桁人気も好走していますが、どちらも前走好走しているか1番人気だったのどちらか

それ以外で絞れる明確なボーダーはあまりありません。

 

ビヨンドザファーザー 前走13番人気7着

ハピ 前走2番人気4着

 

今年はこの2頭のみ参戦しますが、ビヨンドザファーザーの前走13番人気は走れば過去最低更新のため軽視

ハピは問題ありません。

 

ここまで条件別に見てきましたが、全く絞れません。

過去の穴馬を見ても凹んでいた馬が突然走り出すような感覚ではなく、成績は悪くないのに絞りきれずに埋もれた穴馬が激走しているので正直納得です。

ほんとに過去の好走馬に一貫性がなくかなり難しい1千戦だと思います。

 

 

圧倒的先行有利

 

馬名 コーナー
1着 メイショウムラクモ 3,2,2
2着 スウィープザボード 7,4,3
3着 レプンカムイ 1,1,1
1着 ケンシンコウ 1,1,1
2着 ミヤジコクオウ 7,7,6
3着 ブランクチェック 5,4,4
1着 ハヤヤッコ 12,11,9
2着 デルマルーヴル 7,3,2
3着 トイガー 13,7,9
1着 グリム 1,1,1
2着 ヒラボクラターシュ 5,6,5
3着 ビッグスモーキー 3,3,3
1着 ローズプリンスダム 6,5,7
2着 サルサディオーネ 1,1,1
3着 エピカリス 4,5,4
1着 グレンツェント 5,4,4
2着 ケイティブレイブ 1,1,1
3着 レガーロ 13,9,7
1着 クロスクリーガー 5,2,2
2着 ダノンリバティ 9,4,4
3着 タマノブリュネット 14,12,11
1着 アジアエクスプレス 3,3,2
2着 クライスマイル 1,1,1
3着 ランウェイワルツ 10,12,12
1着 インカンテーション 2,3,2
2着 サトノプリンシパル 1,1,1
3着 ケイアイレオーネ 7,3,2
1着 ホッコータルマエ 4,3,2
2着 ナムラビクター 7,8,6
3着 イジゲン 13,11,11

 

好走馬30頭中20頭が4角4番手以内の先行馬

長い直線もコーナーがきついので前の馬が残りやすいコース

ちなみに4角2番手以内だった馬は、これまで13年連続で好走中という驚異的なアドバンテージです。

 

当日4角5番手以下から見事に好走した馬10頭を見ていくと

前走OP敗退で2~4走連続上がり2位以内で連対していたハヤヤッコ

前走重馬場で2勝クラス4着、当日は4角5番手から上がり最速で2着に好走したヒラボクラターシュ

前走2勝クラスを上がり3位以内で勝利していたナムラビクターとイジゲン

この4頭を除き前走地方競馬に参戦していた馬でした。

上記を除き、中央で後方競馬をしていた馬は1頭も馬券になっていません。

 

ちなみに前走地方でもジャパンDDは最多の9頭で2021年と2018年以外は馬券になっています。

私の注目は前走2番人気以内かつ4角3番手以内から着差0.3秒以上をつけて勝った馬です。

先行力の違いを前走時点で見せつけている馬で、

過去10年前走ジャパンDDor前走2番人気以内かつ4角3番手以内から0.3秒以上だと

 

 

馬名 該当
2021年 1着 メイショウムラクモ
2着 スウィープザボード
3着 レプンカムイ
2020年 1着 ケンシンコウ
2着 ミヤジコクオウ
3着 ブランクチェック
2019年 1着 ハヤヤッコ
2着 デルマルーヴル
3着 トイガー
2018年 1着 グリム
2着 ヒラボクラターシュ
3着 ビッグスモーキー
2017年 1着 ローズプリンスダム
2着 サルサディオーネ
3着 エピカリス
2016年 1着 グレンツェント
2着 ケイティブレイブ
3着 レガーロ
2015年 1着 クロスクリーガー
2着 ダノンリバティ
3着 タマノブリュネット
2014年 1着 アジアエクスプレス
2着 クライスマイル
3着 ランウェイワルツ
2013年 1着 インカンテーション
2着 サトノプリンシパル
3着 ケイアイレオーネ
2012年 1着 ホッコータルマエ
2着 ナムラビクター
3着 イジゲン

 

好走馬の半数以上がこのパターンです。

 

ヘラルドバローズ

メイショウユズルハ

インディゴブラック

ハピ

ホウオウルーレット

 

上記5頭には要注目

 

 

2022年 レパードSの推薦馬

 

▲インディゴブラック

前走負かしたジャスパーグレイトは既に勝ち上がり、2着3着だった馬も次走で共に勝ち負けしておりハイレベルだった。

それを直線2馬身離しての楽勝なので今回も前目に付けられれば簡単には垂れない

戦歴浅いので確定的ではないが2走前は右回りが敗因か、左回りに限ればダート2戦2勝と強く

勝った2つとも先行押し切り勝ち、今回のレパードSの質に合っている

このレース相性の良い関西馬で距離短縮の左回りはかなり向くと思うので

現在の11番人気という低評価を覆しての激走を期待したいと思います。

 

 

○ハピ

好走馬30頭中9頭とかなり相性の良い前走ジャパンDD経由の馬

2走前にタイセイドレフォンを子ども扱いした末脚は本物だが、

本質的には瞬発力勝負で勝ち星を挙げてきた馬で、今回の新潟1800mの舞台は注文がつく

ある程度位置を取らなければ行けないので前がやりあったときには強いが

後方のポジションになった場合取りこぼしは安易に想像がつく

それでも新馬から3連続で上がり最速1着を決めてきた脚力を評価したい。

データ面からも満点クリアで推薦

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 28位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

ダート1700~1800mでは3-2-0-0、全て4角4番手以内から上がりを使ってのも

今回のレース質はかなりタフなレースになると思いますが、正直1頭抜けた強さだと思います。

上がりが速い瞬発力戦よりもハイペースでタフさが要求された4走前、5走前で圧倒的パフォーマンス

今回も似たようなレース展開が見込めるので馬券内はかなり堅いと見ています。

特に前走の走破タイムは相当なもので、同パターンからゴールドアリュール、カネヒキリ、サクセスブロッケン他…

後のG1馬が出てきているほど限られた馬しか記録できない数字

枠順からも前に行くのはジョッキーの心理的にもあるでしょうし状態も1段上がっているとのことで期待したいと思います。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります