【函館2歳S】予想 過去10年データ考察から今年絶対に買いたい8年連続好走中の黄金ローテから該当馬1頭のみ

プロモーション

≪全重賞全的中!!!≫

やはり頼りになる買い目
後半戦無料公開こんなにはまるなんて!!
────────────────────

阪神11R京都2歳S(GⅢ)
ワイド4-2.6.7.10.14 1,360円
馬連 4-6.7.10.14  4,750円

東京12RジャパンC(GⅠ)
ワイド15-6.8.14.17.18 380円

馬連 15-6.8.14.18  940円

阪神12R京阪杯(GⅢ)

ワイド14-4.6.10.11.12 1,500円740円
馬連 14-4.6.10.11 4,090円

────────────────────
1120霜月S   ワイド420円馬連900円
1120マイルCS  ワイド1170円馬連0円
1112武蔵野S  ワイド300円馬連610円

1105河北新報杯
ワイド900円310円馬連2550円
などなどメインレースの精度が毎度いい感じ!

週末前夜に買い目出てきます!
ステイヤーズステークス

チャレンジカップ
飛騨ステークス

ラピスラズリステークス

ギャラクシーステークス

チャンピオンズカップ

3連単は無理そーーーなメインレースばかり笑笑
ワイド5点馬連4点でうまく回収してるここ見るのはありです!

→精度高無料予想はコチラ
メール登録しておき前夜Hitmakeというコンテンツをクリックです!

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 ナムラリコリス 3人気
2着 カイカノキセキ 2人気
3着 グランデ 10人気
2020年 1着 リンゴアメ 10人気
2着 ルーチェドーロ 4人気
3着 ラヴケリー 3人気
2019年 1着 ビアンフェ 4人気
2着 タイセイビジョン 2人気
3着 プリンスリターン 11人気
2018年 1着 アスターペガサス 2人気
2着 ラブミーファイン 7人気
3着 カルリーノ 3人気
2017年 1着 カシアス 1人気
2着 ウインジェルベーラ 12人気
3着 アリア 4人気
2016年 1着 レヴァンテライオン 2人気
2着 モンドキャンノ 1人気
3着 タイムトリップ 13人気
2015年 1着 ブランボヌール 1人気
2着 メジャータイフーン 3人気
3着 ヒルダ 10人気
2014年 1着 アクティブミノル 4人気
2着 タケデンタイガー 11人気
3着 トウショウピスト 2人気
2013年 1着 クリスマス 1人気
2着 プラチナティアラ 9人気
3着 トーセンシルエット 8人気
2012年 1着 ストークアンドレイ 3人気
2着 コスモシルバード 5人気
3着 ティーハーフ 2人気

 

過去10年上記30頭

毎年フルゲートで開催されますが、昨年は11頭と少頭数

3着のグランデは新馬戦5着から激走しましたが、出走頭数が少なく普段よりチャンスの広いイレギュラー戦だったと思います。

今年も13頭と少々落ち着いた頭数ですので最大限の紛れを考慮して予想していきたいと思います。

 

重賞考察

 

好走馬30頭中前走未勝利戦から好走した馬は6頭

その6頭全てが前走3番人気以内かつ初角4番手以内で4角3番手以内でした。

先行力がなければ本番では苦戦傾向ということになります。

ちなみに6頭中5頭が上がり2位以内、例外だった1頭は初角も4角も先頭(いわゆる逃げ切り)で0.4秒差の圧勝

 

シンゼンイズモ 4角6番手

ミシェラドラータ 初角5番手

 

今年は上記2頭が位置取りの差でNG判定

もし走れば過去10年では前走位置取りでは最も後方にいて本番好走した馬となります。

 

 

前走新馬戦からは24頭とほぼ好走パターンはここから

前走2桁人気で好走したのは2013年3着のトーセンシルエットで前走10番人気から

連対馬は全て前走5番人気以内でした。

2012年2着のコスモシルバード以外は全て4角3番手以内の先行馬というのも共通点

過去の好走馬と比較して若干ズレが見える馬をピックアップ

 

ロッソランパンテ 前走8番人気

オマツリオトコ 前走ダート(1分以上かつ初角4番手)

オノロヅキヨ 前走3着(初角3番手)

 

ちょっと買えそうにないのは上記3頭

その他にも前走ダートだったニシノシークレットがいますが2020年に連対したルーチェドーロを基準にすると

走破タイム1分未満かつ初角先頭の条件を満たしており好走の余地は十分と判断しました。

 

気になるのは前走から連闘で参戦してくるアスクビクターモア

当日人気は確実でしょうが、連闘で好走したのはわずかに1頭のみ

2014年のアクティブミノルですが、こちらは前走0.8秒差と1200m戦とは思えないほどの圧勝ぶり

アスクビクターモアも0.1秒差と強調材料に欠けるのと

このレースで最も重賞かなと感じているのが初速です。

過去10年の好走馬30頭中28頭が初角4番手以内でスタートからのポジション争いを制しております。

ここまでの好走馬を見る限りは人気なら嫌いたい1頭かなと思います。

 

 

2022年 函館2歳Sの推薦馬

 

▲スプレモフレイバー

前走はスタートの反応も良くハナを取りきって上がり2位で突き抜けた

ノーステッキで楽勝だったのでこの人気は仕方ないか

この時に負かしたミスヨコハマとシンゼンイズモはどちらも次走で勝ち上がりとレベルの高さも証明

ダイワメジャー産駒も7-6-10-33(好走率41.1%)と驚異的な数字を叩き出しており

枠も内すぎず外すぎずちょうどよく、ここまで非の打ち所がないほど

関東馬の中では一番買えそうかなと思っています。

過去10年で東西成績が関東馬2-6-4-56、関西馬8-4-6-46と圧倒的な関西有利なレースなので

人気という点もありこの印まで下げました。

 

○クリダーム

前走は外枠から比較的スムーズなレース振りで終始余裕を感じた。

走破タイムはメンバー中最速となるが現在函館は小雨なので馬場が荒れてくればスピードよりもパワー重視

血統を見る限り道悪はむしろ歓迎ではないだろうかと思うほどで

新馬戦でもナチュラルに先行集団に加われているので心配無用

欲をいうならば揉まれない外枠が良かったが武豊騎手なら無事にエスコートしてくれるだろう

こちらは過去10年で好走率&占有率の高い関西馬でデータも後押し

ここまでのデータ考察でも満点クリアで馬券には是非加えたい1頭

 

◎ブトンドール
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 33位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

新馬戦は毎回スローになりがちも前走は前半35.1と比較的流れた

稍重で内側が荒れており、この日はいつもより差しが決まりやすい馬場もスッと先行し直線も上がり最速で押し切った。

この時のタイムは新馬戦ながら同日に行われた3勝クラスと比較しても1秒以内差とかなり価値のあるもの

牝馬ながら大柄な馬体で馬体もゆるい中での完勝と2走目の今回は更にパフォーマンスを上げてくる可能性あり

今回4頭いる選び放題の中で騎手が迷わずこの馬を選んだのもそういう事だろう

枠も揉まれず非常に良いところで、例年より頭数がいない分外はかなり有利になりそう

新馬戦と同じく稍重で発走する可能性も高く、この人気なら迷わず本命だろう。

過去10年で前走4角3番手以内で上がり最速or逃げ切りの関西馬

2021年 1着ナムラリコリス
2021年 2着カイカノキセキ
2020年 3着ラヴケリー
2019年 1着ヴィアンフェ
2019年 2着タイセイビジョン
2018年 2着ラブミーファイン
2017年 1着カシアス
2016年 2着モンドキャンノ
2015年 1着ブランボヌール
2014年 1着アクティブミノル
2014年 3着トウショウピスト
2012年 1着ストークアンドレイ
2012年 3着ティーハーフ

前走未勝利戦もしくは連闘だった馬は最低でも2着に0.5秒以上着差があったので、

そちらを除くと今年の該当馬はこの馬1頭のみ

データ面からもかなり期待したい1頭、人気も手頃なので推薦したいと思います。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります