【京王杯SC】予想 過去10年で今年は牝馬の出走が最多7頭!その中でも絶対に買いたい条件クリア馬とは

プロモーション

3年連続を期待します!

日本ダービー・無料予想

今週乗るならココですよ(^_-)

━━━━━━━━━━━━━━

【無料予想:実績】

・日本ダービー2021

着順:10-1-11/4-1-9人気

3連複88倍×300円

[獲得額]26,400円[回収率]489%

・日本ダービー2020

着順:5-12-6/1-2-10人気

3連複24.8倍×300円

[獲得額]14,880円[回収率]276%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

直近は天皇賞春3年連続的中

・天皇賞春2022

[獲得額]6,320円[回収率]132%

・天皇賞春2021

[獲得額]6,120円[回収率]128%

・天皇賞春2020

[獲得額]67,500円[回収率]1350%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

一昨年はステラヴェローチェ

その前はヴェルトライゼンデと穴馬が来てます!

今年はどんな穴馬を入れているか?来るか?注視してください。

→日本ダービー無料予想

土曜日は葵Sを無料公開なのでそちらから様子見もOKです!

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 ラウダシオン 1人気
2着 トゥラヴェスーラ 10人気
3着 カイザーミノル 8人気
2020年 1着 ダノンスマッシュ 2人気
2着 ステルヴィオ 4人気
3着 グルーヴィット 3人気
2019年 1着 タワーオブロンドン 1人気
2着 リナーテ 6人気
3着 ロジクライ 2人気
2018年 1着 ムーンクエイク 4人気
2着 キャンベルジュニア 7人気
3着 サトノアレス 2人気
2017年 1着 レッドファルクス 2人気
2着 クラレント 11人気
3着 グランシルク 4人気
2016年 1着 サトノアラジン 3人気
2着 サンライズメジャー 7人気
3着 ロサギガンティア 2人気
2015年 1着 サクラゴスペル 5人気
2着 ヴァンセンヌ 2人気
3着 オメガヴェンデッタ 7人気
2014年 1着 レッドスパーダ 10人気
2着 クラレント 2人気
3着 エールブリーズ 7人気
2013年 1着 ダイワマッジョーレ 1人気
2着 トライアンフマーチ 5人気
3着 ガルボ 6人気
2012年 1着 サダムパテック 4人気
2着 レオプライム 11人気
3着 インプレスウィナー 13人気

 

過去10年で上記30頭

好走馬の平均人気が5番人気と意外と荒れているレース

しかし2020年を除けば全て15頭以上で開催されており、今年はそれに比べるとかなり少頭数

大波乱まではいかないですが、過度な穴狙いは良くないかもしれません。

 

重賞考察

 

前走を見ると比較的休み明けの馬の好走が多い方だと思います。

30頭中9頭が前走から出走間隔10週以上

 

タワーオブロンドン 14週 東京新聞G3 2人気 5着 0.4
リナーテ 12週 京都牝馬G3 7人気 2着 0.1
ムーンクエイク 13週 洛陽S 3人気 5着 0.2
サトノアレス 14週 東京新聞G3 5人気 2着 0.2
ロサギガンティア 20週 阪神カッG2 3人気 1着 0
ヴァンセンヌ 14週 東京新聞G3 3人気 1着 0
クラレント 13週 東京新聞G3 5人気 3着 0.2
トライアンフマーチ 14週 東京新聞G3 4人気 3着 0.1
サダムパテック 14週 東京新聞G3 3人気 13着 1.4

 

全馬が前走3番人気以内か着差0.2秒以内となかなかシビア

0.3秒以上敗退して巻き返した2頭

 

タワーオブロンドン

サダムパテック

 

どちらも重賞勝ち馬+G1連対馬と超が付く実績馬でした。

 

ワールドバローズ

スカイグルーヴ

リレーションシップ

ビオグラフィー

 

今年の前走10週以上馬は4頭で人気馬含みます。

この内、全馬がクリアしていた3番人気以内or0.2秒差以内の条件から漏れる

 

ワールドバローズ

リレーションシップ

ビオグラフィー

 

G1好走馬もおらずこの3頭はかなり厳しそう

スカイグルーヴは全く問題なくクリア

 

今年は牝馬が7頭と過去10年では最多の出走、

しかし京王杯SCで好走した牝馬は2019年2着のリナーテのみ

これまで17頭が走りましたが、12頭が当日10番人気以下と納得の凡走

ちなみに当日5番人気以下だったのが2014年のアミカブルナンバーの1頭だけ

あまり気にする必要はないかもしれません。

一応調べてみると一桁人気で掲示板に載れた馬は3頭

 

リナーテ

キャナルストリート

アミカブルナンバー

 

この3頭に共通しているのが前走上がり3位以内かつタイム差0.2秒以内

これが一つの目安になるかもしれません。

 

リフレイム

ギルデッドミラー

スカイグルーヴ

クリスティ

シャインガーネット

ビオグラフィー

メイケイエール

 

この中で前走上がり3位以内かつ0.2秒差以内だった馬は

 

スカイグルーヴ

 

1頭のみ

ここまでのサンプルが少ないのもありますし

今年は7頭と過去最多+出走馬の12頭に対して半数以上なので必ずこの通りになるとは思っていませんが、

一応スカイグルーヴは買いで問題なさそうです。

 

 

前走低人気馬が非常に活躍するレース

これまでの好走馬の前走を見てみると

 

馬名 前走 人気
ラウダシオン 高松宮記G1 5人気 14着
トゥラヴェスーラ 高松宮記G1 16人気 4着
カイザーミノル マイラーG2 9人気 3着
ダノンスマッシュ 高松宮記G1 3人気 10着
ステルヴィオ 高松宮記G1 7人気 9着
グルーヴィット 高松宮記G1 13人気 6着
タワーオブロンドン 東京新聞G3 2人気 5着
リナーテ 京都牝馬G3 7人気 2着
ロジクライ 高松宮記G1 4人気 8着
ムーンクエイク 洛陽S 3人気 5着
キャンベルジュニア ダービーHG3 6人気 2着
サトノアレス 東京新聞G3 5人気 2着
レッドファルクス 高松宮記G1 1人気 3着
クラレント ダービーHG3 10人気 10着
グランシルク ダービーHG3 2人気 3着
サトノアラジン ダービーHG3 2人気 3着
サンライズメジャー マイラーG2 6人気 6着
ロサギガンティア 阪神カッG2 3人気 1着
サクラゴスペル 高松宮記G1 12人気 8着
ヴァンセンヌ 東京新聞G3 3人気 1着
オメガヴェンデッタ 谷川岳S 4人気 6着
レッドスパーダ 高松宮記G1 18人気 17着
クラレント 東京新聞G3 5人気 3着
エールブリーズ マイラーG2 8人気 11着
ダイワマッジョーレ ダービーHG3 1人気 2着
トライアンフマーチ 東京新聞G3 4人気 3着
ガルボ ダービーHG3 6人気 5着
サダムパテック 東京新聞G3 3人気 13着
レオプライム 心斎橋S1600 3人気 1着
インプレスウィナー 晩春S1600 11人気 1着

 

30頭中16頭が前走5番人気以下から好走しています。

今年これに注目した理由が、

 

メイケイエール 前走2番人気

スカイグルーヴ 前走1番人気

 

今年間違いなく1番人気と2番人気に支持される2頭がこのパターンから外れています。

 

これまで走った16頭を見てみましょう。

 

ラウダシオン
トゥラヴェスーラ
カイザーミノル
ステルヴィオ
グルーヴィット
リナーテ
キャンベルジュニア
サトノアレス
クラレント
サンライズメジャー
サクラゴスペル
レッドスパーダ
クラレント
エールブリーズ
ガルボ
インプレスウィナー

 

これらの前走タイム差に注目すると

 

0.3秒以内だった馬 11頭

0.4秒以上だった馬 5頭

 

人気にはなっていませんが、前走でかなり良い走りをしていた馬ばかり。

前走5番人気以下かつ0.3秒以内だった馬はかなり熱いと思います。

0.4秒以上だった5頭を見てみると

 

クラレント 東京3勝

サンライズメジャー 4走前東京OP勝ち

サクラゴスペル 東京4勝

レッドスパーダ 東京4勝

エールブリーズ 東京3勝

 

あからさまに東京コース実績が抜けていた馬ばかり

サンライズメジャーは少々サンプルが少なかったです。

 

今年の出走メンバーを見ていきましょう。

 

ギルデッドミラー

クリスティ

シャインガーネット

ビオグラフィー

ミッキーブリランテ

ラウダシオン

リレーションシップ

ワールドバローズ

 

上記8頭が今年の該当馬

この時点で毎年必ずこのパターンから1頭以上走っていますので結構熱いです。

各馬の前走と該当しない馬の東京実績を見ていきましょう。

 

ギルデッドミラー 前走0.4 東京0勝

クリスティ 前走0.5 東京0勝

シャインガーネット 前走0.3秒差

ビオグラフィー 前走1.2秒差 東京0勝

ミッキーブリランテ 前走0.5秒差 東京0勝

ラウダシオン (国内)前走1.0秒差 東京3勝

リレーションシップ 前走0.6秒差 東京0勝

ワールドバローズ 前走1.1秒差 東京0勝

 

なんと今年は東京コース実績のある馬はラウダシオンのみ、

それ以外は0勝とかなり厳しい結果に

ここで気になるのはギルデッドミラーですかね、前走0.4秒差で惜しいのと東京コースは一応3着1回の好走率100%

当日は雨で良馬場以外濃厚でしょうし、良馬場1-1-2-8に対して良馬場以下1-2-1-1、チャンスはあると思います。

 

話を戻して今年の純粋な該当馬は

 

シャインガーネット

ラウダシオン

 

この2頭のみ

注目したいと思います。

 

京王杯SCの推薦馬

 

▲スカイグルーヴ

この馬はルメール騎手起用時の成績が2-3-0-1と勝負気配

前走の京都牝馬Sの走破タイムが破格で、

勝ち馬のロータスランドは次走で高松宮記念2着とレベルが高い1戦、その証拠に次週の阪急杯よりもタイムが速い。

時計勝負になればここは鉄板級と見ていたが、不運にもかなりの雨が東京芝を重たい馬場へ変化させてしまった。

それでも良血馬として繁殖に上がるにはもう時間がないので、恐らく陣営は重賞のタイトルが喉から手が出る程欲しいだろう。

牝馬の好走条件を完璧にクリアしており、頭数も少なく展開もごちゃつくことはないだろう。

ここは勝っておきたい1戦

 

○メイケイエール

ようやく控える競馬が板についてきたこの馬は、

良馬場以外では2-0-0-1で馬券外だったのは前走の高松宮記念だけ

それも勝ち馬から0.1秒差で展開的にも負けて強かった内容

過去10年で5-2-2-23と好相性で出走メンバー中では最上位で入選

これまで戦ってきた馬と比較して一気にメンバーの質が下がる1戦

さらに馬場が重くなるだろうし条件はほぼ全て好転するので

こちらも簡単には落とせない1戦

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 12位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

この馬は右回り1-0-0-3に対して2-1-1-4と確実に今回の方が良い条件

さらに時計勝負ではかなり分が悪く、時計が速くなった場合は基本的に全て凡走

馬場が重い今回は大チャンスだと思います。

データ面でも前走5番人気以下だった馬は毎年1頭以上必ず馬券になっていますし、

上位人気が前走人気馬となれば配当妙味的にも非常に面白い存在

更に14頭以下の少頭数となれば捌きやすくこれまで2-0-0-0と頭すら見えている状態

今年の京王杯SCは直線でこの馬が外から飛んでくる事を願いたい。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります