【高松宮記念】過去20年データ考察 前走斤量に注目!27年連続で好走中の激アツデータ該当から注目は2頭!

プロモーション

安田記念:無料予想

4月から重賞でよく勝ちます。

先週は日本ダービーで高回収率!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想:重賞的中

・日本ダービー

三連複47倍×400円

[払戻]18,800円[回収率]392%

・平安ステークス

ワイド2.2倍×5,000円

[払戻]11,000円[回収率]220%

・ヴィクトリアマイル

三連複17.2倍×500円

[払戻]8,600円[回収率]172%

・フローラS

三連複77.6倍×300円

[払戻]23,280円[回収率]431%

・大阪杯

三連複89.8倍×300円

[払戻]26,940円[回収率]499%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

1番人気がなかなか勝ちにくい安田記念…

ここの無料予想・三連複が相手馬を上手く選んで勝利に導きます!

→安田記念:無料予想

人気薄馬が絡みやすいオークスは…ここの無料予想が高回収率出しそうな予感がします!

過去20年の好走馬前走斤量

 

ナランフレグ 56
ロータスランド 56
キルロード 56
ダノンスマッシュ 57

レシステンシア 54
インディチャンプ 57
モズスーパーフレア 56
グランアレグリア 54
ダイアトニック 57
ミスターメロディ 56

セイウンコウセイ 58
ショウナンアンセム 56
ファインニードル 57
レッツゴードンキ 55
ナックビーナス 54
セイウンコウセイ 55
レッツゴードンキ 55
レッドファルクス 57
ビッグアーサー 57
ミッキーアイル 57
アルビアーノ 55
エアロヴェロシティ 57
ハクサンムーン 56
ミッキーアイル 58
コパノリチャード 57
スノードラゴン 56
ストレイトガール 55
ロードカナロア 58
ドリームバレンチノ 58
ハクサンムーン 56
カレンチャン 56
サンカルロ 57
ロードカナロア 57
キンシャサノキセキ 59
サンカルロ 57
アーバニティ 57
キンシャサノキセキ 58
ビービーガルダン 57
エーシンフォワード 56
ローレルゲレイロ 57
スリープレスナイト 55
ソルジャーズソング 56
ファイングレイン 56
キンシャサノキセキ 56
スズカフェニックス 59
スズカフェニックス 57
ペールギュント 57
プリサイスマシーン 58
オレハマッテルゼ 56
ラインクラフト 56
シーイズトウショウ 55
アドマイヤマックス 57
キーンランドスワン 56
プレシャスカフェ 58
サニングデール 57
デュランダル 57
キーンランドスワン 57
ビリーヴ 57
サニングデール 58
リキアイタイカン 57.5

 

TARGETの20年分の好走馬を眺めてて非常に際立っていたのが

 

「前走重い斤量を背負った馬の好走が非常に目立つ」

 

試しに前走57キロ以上の馬を赤く塗ってみました。(牝馬は56キロ)

 

この20年間の好走馬60頭のうち、赤く塗った馬は実に37頭です。

好走馬の全体の約3分の2が前走57キロ以上の馬(牝馬は56キロ以上)

 

出走馬の多くは前走56キロ以下にも関わらずこの好走率となればここにフォーカスしない手はないでしょう。

本日はこの前走57キロ以上の馬にポイントを当てて書いていきたいと思います。

 

 

前走57キロ以上の馬の前走成績

 

前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬の前走にも非常に偏りがあったので紹介します。

まずは前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬前走成績をご覧ください。

 

ロータスランド 56キロ 京都牝馬S 1着
ダノンスマッシュ 57キロ 香港S G1 1着

インディチャンプ 57キロ 阪急杯G3 4着
モズスーパーフレア 56キロ 阪急杯G3 4着
ダイアトニック 57キロ 阪急杯G3 2着
セイウンコウセイ 58キロ シルクロHG3 15着

ファインニードル 57キロ シルクロHG3 1着
レッドファルクス 57キロ 香港SG1 12着
ビッグアーサー 57キロ シルクロHG3 5着
ミッキーアイル 57キロ 阪急杯G3 1着
エアロヴェロシティ 57キロ チェアG1 2着
ミッキーアイル 58キロ 阪急杯G3 2着
コパノリチャード 57キロ 阪急杯G3 1着
ロードカナロア 58キロ 阪急杯G3 1着
ドリームバレンチノ 58キロ シルクロHG3 1着
カレンチャン 56キロ オーシャG3 4着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 3着
ロードカナロア 57キロ シルクロHG3 1着
キンシャサノキセキ 59キロ オーシャG3 2着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 1着
アーバニティ 57キロ シルクロHG3 2着
キンシャサノキセキ 58キロ オーシャG3 1着
ビービーガルダン 57キロ 阪急杯G3 7着
ローレルゲレイロ 57キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 59キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 57キロ 阪急杯G3 3着
ペールギュント 57キロ 中山記念G2 13着
プリサイスマシーン 58キロ 阪急杯G3 1着
ラインクラフト 56キロ 阪神牝馬G2 4着
アドマイヤマックス 57キロ 阪急杯G3 4着
プレシャスカフェ 58キロ シルクロHG3 1着
サニングデール 57キロ 阪急杯G3 1着
デュランダル 57キロ マイルチG1 1着
キーンランドスワン 57キロ 阪急杯G3 5着
ビリーヴ 57キロ 阪急杯G3 9着
サニングデール 58キロ 阪急杯G3 2着
リキアイタイカン 58キロ シルクロHG3 5着

 

赤く塗った22頭が前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)を背負って重賞を連対しています。

 

次に青く塗った馬(前走3着以下から好走した馬)の共通点を探して見ましょう。

 

インディチャンプ マイルCS1着
モズスーパーフレア スプリンターズS2着
セイウンコウセイ 高松宮記念1着

レッドファルクス スプリンターズS1着
ビッグアーサー G1初挑戦
カレンチャン スプリンターズS1着
サンカルロ 高松宮記念2着 スプリンターズS3着
ビービーガルダン スプリンターズS2着
スズカフェニックス G1初挑戦
ペールギュント 朝日杯FS3着
ラインクラフト NHKマイル1着
アドマイヤマックス 安田記念2着 スプリンターズS3着
キーンランドスワン G1実績なし
ビリーヴ 57キロ スプリンターズS1着
リキアイタイカン マイルCS3着

 

15頭中12頭にG1での好走実績が有りました。

そのほとんどは同距離G1であるスプリンターズSか高松宮記念でのもの。

実績のなかった3頭は、

ビッグアーサーは前々走重賞3着でデビュー戦以外は全て1番人気でした(当日も1番人気)

スズカフェニックスキーンランドスワンは共に前々走重賞1着でした。

 

早速今年の該当馬を探していきたいのですが、

今年から斤量が改正されたので、これまでの負担重量に+1キロで計算したいと思います。

 

ウインマーベル 59キロ

キルロード 58キロ

トウシンマカオ 58.5キロ

ナランフレグ 59キロ

 

今年は上記4頭

 

ここから前走重賞連対馬をピックアップし、該当馬がいれば熱いのですが今年は上記4頭全てが前走馬券外の馬

こうなると上で書いたように15頭中12頭が該当していたG1実績が必須

 

ウインマーベル スプリンターズS 2着

キルロード 高松宮記念 3着

トウシンマカオ G1実績なし

ナランフレグ 高松宮記念 1着

 

斤量を背負うだけあって、素晴らしいG1実績です。

トウシンマカオはG1での好走実績はありませんが、残り3頭の例外条件である2走前重賞1着条件を見事にクリア

今の段階では上記4頭全てに好走する理由があります。

 

 

上記条件を満たした馬の整理

 

・前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負って重賞連対

・前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負った馬で2走内に重賞3着以内orG1好走実績

※今年は+1キロで計算

 

更に条件を厳しくして「1400m以下の重賞好走」を付け加えても

 

2022年 ロータスランド
2021年 ダノンスマッシュ
2021年 インディチャンプ
2020年 ダイアトニック
2020年 モズスーパーフレア
2019年 セイウンコウセイ

2018年 ファインニードル
2017年 レッドファルクス
2016年 ビッグアーサー
2016年 ミッキーアイル
2015年 エアロヴェロシティ
2015年 ミッキーアイル
2014年 コパノリチャード
2013年 ロードカナロア
2013年 ドリームバレンチノ
2012年 カレンチャン
2012年 サンカルロ
2012年 ロードカナロア
2011年 キンシャサノキセキ
2011年 サンカルロ
2011年 アーバニティ
2010年 キンシャサノキセキ
2010年 ビービーガルダン
2009年 ローレルゲレイロ
2008年 スズカフェニックス
2007年 スズカフェニックス
2007年 プリサイスマシーン
2006年 ラインクラフト
2005年 アドマイヤマックス
2005年 プレシャスカフェ
2004年 サニングデール
2004年 デュランダル
2004年 キーンランドスワン
2003年 ビリーヴ
2003年 サニングデール
2003年 リキアイタイカン

 

もう何が言いたいかわかりますよね、

 

 

20年間1度も途切れずに毎年好走馬が出ているのです。

 

 

これはすごい発見です。

 

ちなみにTARGETで遡れる1996年まで調べてみると

 

2002年 アドマイヤコジーン
2002年 スティンガー
2001年 トロットスター

2001年 ブラックホーク
2000年 キングヘイロー
2000年 ディヴァインライト
2000年 アグネスワールド
1999年 シンコウフォレスト
1998年 シンコウフォレスト
1997年 シンコウキング
1996年 ビコーペガサス
1996年 ヒシアケボノ

 

全ての年で好走馬が出ています。

 

実はこの激アツ条件ですが、昨年の高松宮記念で該当馬は1頭しかいませんでした。

昨年のブログでもデータからの注目馬として書きましたが

 

ロータスランド 5人気2着

 

めちゃくちゃ美味しい穴馬だったと思います。

 

今年も良い馬を推薦できるように該当馬を見ていきましょう。

 

ウインマーベル

キルロード

トウシンマカオ

ナランフレグ

 

今年の該当馬4頭は全て1400m以下の重賞好走歴あり。

実質全馬が条件クリアにはなるのですが、1つ気になるポイントがあります。

それはキルロードとナランフレグの年齢です。

今週の1発目の記事でも触れましたが、過去7歳以上馬好走例は

 

エアロヴェロシティ
キンシャサノキセキ
アーバニティ
キンシャサノキセキ
ソルジャーズソング
プリサイスマシーン

 

前走全馬0.1秒差以内、そして2走内で全馬が連対していた共通点が有ります。

この条件を昨年キルロードが一切無視して激走したのですが、8歳馬に限ると

 

キンサシャノキセキ 前走G3上がり1位2着2人

プリサイスマシーン 前走G3上がり3位1着3人

 

過去の好走馬は共に上がりを使って連対しており、

今年更に年齢を重ねたキルロードはこの点からも厳しいと言えるのではないでしょうか。

ナランフレグは7歳馬ですが、過去の7歳馬は全馬が2走内で重賞連対記録あり

今年はこの条件を満たしていないのでリピーターという点だけでどこまでこのデータを払拭できるのか疑問

そうなると必然的に注目したいのは、

 

ウインマーベル

トウシンマカオ

 

上記2頭

現在の予想オッズも4番人気、6番人気と大きい穴ではありませんが妙味は十分

斤量データからクリアは4頭いますが、この2頭は注目したい存在です。

 

本日はこの2頭のうち1頭について最後に書きたいと思いますが、

過去20年の高松宮記念

 

A 1-2-5-58 勝率1.6% 連対率4.8% 複勝率12.7%

B 9-8-5-91 勝率8.0% 連対率15.0% 複勝率19.5%

 

明らかにAグループの成績が悪く、1頭はこちらに該当してしまうと思います。

となると注目は1頭に絞られますね、本日JRAから発表される調教後の馬体重を見て他の馬も調べて見てください。

AとBの条件は本日限定でブログランキング紹介文へ掲載しておきますのでご確認ください↓


最強競馬ブログランキングへ

今週は土曜日2重賞、日曜日2重賞とかなり濃い日程ですので日曜日のマーチSの予想はお休みします。

金曜日、土曜日と2つ重賞予想アップしないと日程的に間に合わないので明日は毎日杯or日経賞の予想をアップ予定です。

それではまた明日会いましょう!お楽しみに!