【サウジアラビアRC】予想 過去6年で100%好走データに該当馬あり!配当妙味なら前走OP以上から推薦の1頭

プロモーション

東京新聞杯・無料予想

土曜は2鞍的中で計8万円獲得!

重賞無料買い目来たら高配当あります(^_-)

━━━━━━━━━━━━━━

-2月4日:無料予想-

◎別府特別→40,000円 獲得

三連複40.0倍 三連単→×

◎中京4R→40,000円 獲得

複勝2倍

——————–

重賞で高配当あり

-重賞買い目無料予想-

◎ターコイズS→355,950円 獲得

三連複→×  三連単711.9倍

◎チャレンジC→114,400円 獲得

三連複43.5倍 三連単141.7倍

━━━━━━━━━━━━━━

日曜は無料予想てんこ盛り!

◎東京新聞杯◎

中京8R+4R

中京で軍資金稼ぎしつつ東京新聞杯にベタ乗りしてください。

→東京新聞杯・無料予想

馬連・複勝や三連複・三連単の券種組み合わせなど選ぶレース含めて上手く勝ちを拾う無料予想です!

過去6年の好走馬

 

馬名 人気
2021年 1着 コマンドライン 1人気
2着 ステルナティーア 2人気
3着 スタニングローズ 3人気
2020年 1着 ステラヴェローチェ 3人気
2着 インフィナイト 1人気
3着 セイウンダイモス 9人気
2019年 1着 サリオス 1人気
2着 クラヴァシュドール 2人気
3着 アブソルティスモ 3人気
2018年 1着 グランアレグリア 1人気
2着 ドゴール 7人気
3着 アマーティ 4人気
2017年 1着 ダノンプレミアム 2人気
2着 ステルヴィオ 1人気
3着 カーボナード 6人気
2016年 1着 ブレスジャーニー 3人気
2着 ダンビュライト 2人気
3着 クライムメジャー 1人気

 

過去6年の好走馬は上記18頭

重賞に昇格した6年間で今回はデータ考察していきたいと思います。

2017年のフルゲートを除き基本的には10頭以下と少頭数のレースが目立ちます。

今年も9頭と登録が少なく、馬券的には穴馬よりもどれだけ少ない点数で仕留められるかがポイントになりそうです。

 

重賞考察

 

前走未勝利戦から好走した馬は3頭のみ

2019年3着アブソルティスモ、2017年3着カーボナード、2016年1着ブレスジャーニー

全馬が2番人気以内で勝ち上がり、上がりは最低でも3位以内でした。

着差がなかったアブソルティスモは前走1番人気1着上がり1位

カーボナードとブレスジャーニーは共に前走着差0.4秒と完勝しております。

勝ち馬であるブレスジャーニーは当日も3番人気と支持されていました。

 

シルヴァーデューク 1番人気1着上がり1位 0.4秒差

 

今年は上記1頭が前走未勝利から参戦

データ上問題なさそうではありますが、前走メンバーレベルがあまりに低いと個人的に感じます。

前走は8頭立て、この馬は前走新馬戦で3着と好走していましたが、それ以外の馬は全て前走5着以下

ちなみに過去に好走した3頭全てが前走頭数13頭以上でした。

現在netkeibaの予想オッズで2番人気なら少し嫌って考えたいと思います。

 

 

前走新馬戦からは最多の12頭、ここでの仕分けが重要です。

12頭中最も前走人気がなかったのが2018年2着ドゴールで4番人気でした。

この馬は前走上がり最速で0.4秒の着差をつけ完勝していました。

12頭全馬が上がり3位以内で前走4角先頭だった馬を除けば該当馬は全て上がり1位を記録していました。

 

マイネルケレリウス 5番人気上がり1位 0.0秒差

ノッキングポイント 1番人気上がり1位 0.5秒差

ドルチェモア 1番人気上がり2位 0.5秒差

フロムナウオン 1番人気上がり2位 0.0秒差

 

今年は上記5頭が前走新馬戦から参戦

マイネルケレリウスは前走5番人気と走れば同パターン過去最低を更新

ノッキングポイントは完璧にクリア、ドルチェモアは前走上がり2位ですが4角先頭で過去の同パターン好走馬と類似

フロムナウオンは前走4角3番手から上がり2位と過去同パターンで好走した馬はまだいません。

 

 

前走OPから好走した馬は2017年2着ステルヴィオ1頭のみ

母数が少ないのでなんとも言えませんが、新馬→OPと連勝し当日も1番人気に支持されていました。

新馬戦を2番人気で上がり最速0.3秒差完勝、前走のコスモス賞では1番人気上がり2位で優勝しています。

 

ブーケファロス ダリア賞3番人気3着 上がり1位

ミシェラドラータ すずらん賞3番人気5着 上がり4位

 

今年は2頭いますが、2頭とも流石にステルヴィオと比較すると劣ってしまいます。

ブーケファロスはここまで馬券内率100%で前走も上がり最速で好走していますから十分走る余地はありそう

ミシェラドラータはここまでキャリア5戦、前走も馬券外で上がりも使えていないのでかなり厳しそうです。

 

 

前走G3からは2頭好走馬がいます。

2021年3着スタニングローズ、2020年3着セイウンダイモスとここまで連対馬は出ていません。

2頭とも前走馬券外から巻き返した馬ですが、共に2走前上がり最速で0.4秒差の完勝を記録しています。

キャリア3戦と少ないのも2頭共通しています。

 

グラニット 新潟2歳S 6番人気6着

レッドソリスト 札幌2歳S 11番人気9着

 

今年は上記2頭が参戦しますが、2走前を見るとグラニットの0.5秒差圧勝は評価できます。

レッドソリストは2走前0.1秒差で上がり3位も少し気になるところ

ちなみに前走G3だった2頭は共に前走新潟2歳S、左回りのマイル戦だったことから札幌2歳Sだった点もマイナス要素

 

 

前走OP以上出走馬に注目

 

2021年 3着スタニングローズ 3番人気

2020年 3着セイウンダイモス 9番人気

2017年 1着ステルヴィオ 1番人気

 

直近2年では前走重賞だった馬が好走しており、

2019年、2018年は前走重賞組は出走なし、2016年は1頭のみと出走馬に対して好走馬が割りと多く出ている。

前走重賞だった馬で好走した2頭は非常に似ており

 

A 前走左回り重賞(OP組は問わず)

B 前走以外3着以下なし(OP組は馬券外なし)

C 前走2桁人気2桁着順なし

 

シンプルにこの条件で2016年~2021年までの該当馬を見てみると

 

2021年 3着スタニングローズ

2020年 3着セイウンダイモス
2020年 4着ジャンカズマ

2019年 該当馬なし

2018年 該当馬なし

2017年 1着ステルヴィオ
2017年 4着テンクウ

2016年 該当馬なし

 

該当馬が出走してきたタイミングは全て好走馬が出ており

2020年は3着とタイム差0.1秒差の4着、2017年は3着馬とタイム差なしの4着

先に該当馬が先着している事を考えると馬券内は高確率で好走傾向にあると言えます。

前走OP以上出走馬はデータの先読みとして今後のトレンドになると予想しています。

 

今年の前走OP以上出走馬を見ていきましょう。

 

グラニット

ブーケファロス

ミシェラドラータ

レッドソリッド

 

この4頭を先の3項目に当てはめて行きましょう。

 

グラニット AC

ブーケファロス ABC

ミシェラドラータ C

レッドソリッド B

 

今年は該当馬が1頭いました

 

ブーケファロス

 

この流れだと馬券内は結構期待できるのではないでしょうか?

まだ母数が少ないのでなんとも言えませんが、ここまで全馬4着以内なので推薦したいと思います。

 

 

2022年 サウジアラビアRCの推薦馬

 

▲ドルチェモア

前走はスタートから押してハナを取るも外の馬が掛かかりながら真横を追走

スローペースとは言え3角まで終始からまれており見た目以上に楽逃げでは無かった印象を受けます。

札幌にしては珍しく残り3ハロンから2ハロンで0.9秒差の加速ラップ、ラストは11.5→11.7と速かった

この日は雨の影響で馬場が少し重く、芝のレースはこの新馬戦を除きラストは12秒以上掛かる馬場

それらを踏まえてもこの1戦は非常に内容の濃いレースだったと思います。

関西馬なのも加点ポイントで、過去10年ベースでは関東馬54頭で連対馬9頭、関西馬は30頭で連対馬7頭

連対率という面ではかなりの確率で好走馬が出ています。

陣営も前走はスピードの違いで勝手に前に行った、控えても大丈夫、順調ですと自信も伺えます。

心配なのがこれまでのサウジアラビアRCは、なんと好走馬全馬が出走までの間に左回りを経験していました。

もしこの馬が走れば初の出来事になるのですが、そのマイナス材料があっても楽しみな1頭かなと思います。

 

 

○ブーケファロス

キャリア3戦ここまで全レース上がり最速と最後の直線はみどころあり。

前走も前半忙しい感じもありましたし、この距離延長はかなりプラスになると見ています。

特に前走のダリア賞は4角出口で前が壁、横の馬にぶつかってしまいましたが、直線はしぶとく伸びました。

ラスト3ハロン12.5→11.6→11.3とギアチェンジからの加速LAPでゴール

勝ったミシシッピテソーロは大外からこの馬よりも先に仕掛けており上がり最速タイで1着

新馬戦を1.35.7で上がり最速勝利から優勝したこの馬とそこまで差がないレース

縦の比較からも今回のメンバーで十分上位を狙える1頭かなと思います。

2021年 3着スタニングローズ 3番人気
2020年 3着セイウンダイモス 9番人気
2017年 1着ステルヴィオ 1番人気

上で書いたように前走OP以上出走馬の推しデータもありますし、人気も手頃な感じになると思うのでイチオシです。

 

 

◎人気ブログランキングへ掲載中
(リンク先のブログランキング紹介文に掲載しています現在 21位 辺り【ZONE競馬】紹介文を要チェック)

前走はスタートから飛び上がるような感じですが我慢してすぐに控える操縦性の高さ

ラスト3ハロン11.4→11.2→11.1と矢のように加速する末脚に魅力を感じました。

まだ直線はふわふわとした走りで未完成な部分も多いですが、それでこのポテンシャルは相当な逸材だと思います。

この時のメンバーは2着馬次走即勝ち上がり、3着馬次走連対、4着馬即勝ち上がり、5着馬勝ち上がり済と

掲示板に載った馬だけでも結果が出ておりレベルの高さを感じます。

データ面からは前走マイルの新馬戦+上がり1位+着差0.2秒以上で【3-4-2-0】と好走率100%

2021年1着コマンドライン
2021年2着ステルナティーア
2020年2着インフィナイト
2019年1着サリオス
2019年2着クラヴァシュドール
2018年1着グランアレグリア
2018年3着アマーティ
2016年2着ダンビュライト
2015年3着クライムメジャー

過去の該当馬を見ても非常に豪華なラインナップに感じますし、ここに新しく名前を刻んで欲しいと思います。

人気ブログランキングへ登録しました、応援の1クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓

最強競馬ブログランキングへ
重賞本命馬や特注馬は上記バナーリンク先のZONE競馬ブログ紹介文へ公開してあります